Visual Studioのデバッガーのブレークポイントとステップ実行(debugger02) - 課題p051

Time-stamp: "2018-05-18 Fri 16:09 JST hig"

情報

  • 出題:2018-05-18
  • 実行/提出期限:2018-05-18
  • 提出
    • debugger02.txt 答だけを記入したテキストファイル

学習目標

  • デバッガーで, プログラム中の任意の地点で実行を止めて変数の値を観察できる
  • ステップ実行を行って変数の値の変化を観察できる

課題

大注意: この課題はプログラミングではありません.

課題のタスク

  1. debugger1.cをVisual Studio のプログラムとして開き, 実際に操作しながら, デバッガーの説明と動画にしたがってデバッガーの使い方を学びましょう.
  2. debugger02.cをVisual Studio のプログラムとして開きましょう. 出力をファイルに出力する設定はせず, 出力がDOSプロンプトに表示される状態のままにしておきます.
  3. debugger02.cデバッグを開始します.
  4. seed=201, 「時間の長さ」,T=300,「サンプルサイズ」N=30とします.
  5. デバッガーで,
    • サンプル番号 n = (自分の学籍番号の10の位の数字$+10$)
    • 時刻 t = (自分の学籍番号の1の位の数字$+10$)
    • 例:t000056→n =15, t=16
    の内側ループ内で停止し, (t,n)がこの値のときのxへの代入が終了したあとのxの値を読み取り, debugger02.txtに記します.

自分でチェック!

  • すべてのガイド
  • このサイトのコンテンツ

    QRcode to hig3.net

    http://hig3.net