マルコフ連鎖としての拡散方程式での母期待値の計算(markovpdeexpect01) - 課題p083

Time-stamp: "2018-06-16 Sat 08:36 JST hig"

情報

  • 出題:2018-06-08
  • 実行/提出期限:2018-06-15
  • 提出
    • markovpdeexpect01.c プログラム.
    • markovpdeexpect01.docx RSStudioによる解析結果

学習目標

  • マルコフ連鎖で, 状態空間上の関数の母期待値, 母分散が計算できる.

課題

状況の説明

課題markovpde03と同じ.

課題のタスク

  • 課題markovpde03の解答または正解を利用して, 下の仕様のプログラムを作ろう.
  • T=30の実行結果を, に保存しよう.
  • RStudioで, 横軸\(t\), 縦軸いろんな値の折れ線グラフを描こう.

プログラムの入力

  • 最終時刻T(0以上の整数)

プログラムの入力例

3

プログラムの出力

  • 1行目に#T=に続いて 最終時刻\(T\)
  • 2行目にコンマで区切って, 文字tと座標xの値と計算する母期待値などの名前\(t,0,1,2,\ldots,m-1,EX,VX,EX3,P\).
  • 3行目にコンマで区切って, 時刻t=0の\(t, p(0,t),p(1,t),p(2,t),p(3,t),\ldots,p_{m-1},\)続いてEXとして母平均値\(\mathrm{E}[X]\), VXとして母分散\(\mathrm{V}[X]\), EX3として母期待値\(\mathrm{E}[X^3]\), Pとして母比率\(\mathrm{P}[X<5]\)
  • 以降同様

プログラムの出力例(未完成)

#T=3
t,0,1,2,3,,m-2,m-1,EX,VX,EX3,P
1,0.0,0.0,,0.0,0.0,1,1,1,1
1,0.0,0.0,,0.0,0.0,1,1,1,1
2,0.0,0.0,,0.0,0.0,1,1,1,1
3,0.0,0.0,,0.0,0.0,1,1,1,1

アドバイス

  • 課題課題markov02 を改造して 課題課題markovexpect03 をやれ, に相当する課題です.
  • あらかじめ課題課題markovexpect03のフィードバックを確認して, 間違えてた人は間違いを繰りかえさないようにしましょう.
  • その時同様, 関数print_distを書き替えるのがいいでしょう.

自分でチェック!

  • すべてのガイド
  • このサイトのコンテンツ

    QRcode to hig3.net

    http://hig3.net