離散型擬似乱数(rand3) - 課題p013

Time-stamp: "2018-04-18 Wed 07:50 JST hig"

情報

  • 出題:2018-04-13
  • 実行/提出期限:2018-04-20
  • 提出
    • プログラム rand3.c

学習目標

  • stdlib.hで宣言される関数void srand(), int rand()を使って, (離散的)擬似乱数生成のプログラムを書ける

課題

状況の説明

  • 値0を確率2/13で
  • 値3を確率4/13で
  • 値4を確率7/13で
をとる確率変数\(R\)を考える.

課題のタスク

  1. 下の仕様のプログラム rand3.cをサンプルをもとに作成し, コンパイルする. 課題submit1を参考に, ソリューションcs2にプロジェクトとファイルを追加する. いつもどおり, プロジェクト p???-rand3 をスタートアッププロジェクトにする(ソリューションエクスプローラで, プロジェクトの上で右クリックから). ビルドする.

プログラムの入力の仕様

乱数のシード $d$ と サンプルのサイズ $N(\geq0)$. 改行で区切って与える.

プログラムの入力例

自分で選んだシードd
97(例)

プログラムの出力

正確にこれに従うこと. メッセージなどこれ以外を出力しない(機械が読み取るので).

1行目に, 半角 #d= に続いて, 入力した$d$, 2行目に, 半角 #N= に続いて, 入力した$N$, 3行目以降に, 改行で区切って, $N$個の「通し番号 コンマ 乱数の値」

プログラムの出力例

#d=シード d
#N=97(例)
n,r
0,0
1,-2
2,0
3,-1

アドバイス

自分でチェック!

  • 適当なサンプル$N$で実行してみよう.
  • シードを変えると違った結果, シードが同じなら同じ結果になるか?
  • 各Xの値の個数を数えてみよう. 確率とかけ離れていない?
  • すべてのガイド
  • このサイトのコンテンツ

    QRcode to hig3.net

    http://hig3.net